エストロゲンを増やすための方法を知ろう~ツルスベ成分GET術~

女の人

女性にとって大切なもの

シニア

食べ物で不足を防ぐ方法

女性の皆さんでしたら「エストロゲン」という言葉を、一度は聞いたことがあると思います。エストロゲンとは、卵巣から分泌される女性ホルモンで、別名「美人ホルモン」と言われています。女性らしいふっくらとした身体のライン、お肌の若々しさを保ったり、妊娠を促したりと女性になくてはならないホルモンなのです。20代で分泌がピークになり、加齢とともに減少していくホルモンで、減少するとお肌の代謝が悪くなり血行が悪くなるので冷えの原因にもなってしまいます。そこで今日は、このエストロゲンを不足させない為に必要な食べ物を紹介したいと思います。まずは、大豆製品です。豆腐や納豆などの大豆製品には、大豆イソフラボンが多く含まれています。このイソフラボンにはエストロゲンとよく似た働きをすると言われています。次に、卵です。卵は非常に良質なコレステロールを含む食べ物です。コレステロールはエストロゲンを作るのに必要な材料となります。そして、アーモンドやモロヘイヤ、魚卵などに含まれているビタミンEです。ビタミンEは「老化を防ぐビタミン」と言われています。それにエストロゲンを作る卵巣を活性化させる働きもあると言われています。

分泌に悪影響となるもの

女性ホルモンの分泌は生活習慣にも大きく関わっていると言われています。まずは、睡眠不足により減少する事がわかっています。睡眠不足になると、視床下部や下垂体といったホルモンをコントロールする機能が正常に働かなくなり、ホルモン分泌を減少させる原因になると言われています。次に、喫煙です。喫煙は、タバコに含まれるニコチンが体温を低下させてしまうので血行が悪くなります。血行が悪くなると、冷えやお肌の代謝も悪くなる為、乾燥やシワを加速させてしまうのです。そして、ストレスです。ストレスがたまった状態が続くと、ホルモンバランスが乱れます。ホルモンバランスが乱れると女性ホルモンが活性化しなくなってしまう為、老化を促進させてしまう事になるのです。